スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+胃腸炎+

救急車というのは、呼んでも車待機が長くて、
死ぬか生きるかのときはどうするんだ?
と考えさせられた。

先日、息子が急性胃腸炎で救急車を呼んだ。
すぐに来ることは来たけれど、行き先の病院がなかなか決まらない。
痛がって、話すことも、立つことも出来ない息子。
意識だけはあるけれど、その姿を見ていることは出来ないくらい辛そう。

やっと病院が決まって、隣町の病院へ。
その間、20分は過ぎている。
やっぱり、自力で病院へ連れて行くべきだったのかと、ちょっと悔やんだ。

以前、お隣の息子さんもやはり救急車で運ばれるとき、家の前に長い間止まっていた。
やはり行く病院が決まらなかったとのこと。

中には救急病院なのに、電話にも出ないところもあるという。
命に別状なかったから良かったが・・・
もし、これで命を落とすようなことになったら、いったい誰を恨めばいいんだろう。
やりきれないな~

スポンサーサイト
Profile

Erica

Author:Erica
気分次第で綴ることが基本のブログです。

Calendar
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
Article
Category
Comment
Archive
Now
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Link
Form

この人とブロともになる

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。